GI値が低くても摂取カロリーが高ければ、体内で消費できないエネルギーは、結局体脂肪として貯蓄されることになるぞ。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.低インシュリンダイエットの誤解

2.インシュリンのはたらき
3.GI値とは? 4.低インシュリンダイエットの元ネタ
4.主な食品のGI値  

危険なダイエット方法を斬る!


低インシュリンダイエット

GI値とは?

また、血糖値の上昇率を表す指標に、『グリセミック・インデックス』(以下GI値と記す)というものがある。

ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100としたとき、それぞれの食べ物がどの程度の上昇率なのかを示したものだよ。

この数値が低ければ低いほど、血糖値の上昇率は低く、太りにくい食べ物ということになる。血糖値がゆっくり上昇しているうちに、糖がエネルギーとして使用されれば、体脂肪として蓄えられない。

低インシュリンダイエットの具体策としては、目安としてGI値が60以下の食品を選ぶ。しかし血糖値の上昇率は食べ合わせや咀嚼回数や個人差もあるので、GI値にはむらがある。

GI値の研究データでさえ、それぞれの機関により数値にばらつきがある。GI値が低くても摂取カロリーが高ければ、体内で消費できないエネルギーは、結局体脂肪として貯蓄されることになるぞ。

よって、GI値の低い食べ物を食べても、適度な運動をして、エネルギーを消費しなければ、低インシュリンダイエットでの効果は期待できない。

 
ページトップへ

マッキー

マッキーポイント!

●GI値はブトウ糖の100が基本になっている。
●血糖値がゆっくり上昇しているうちに、糖を消費すれば太らない。

ページトップへ



前へインシュリンのはたらき   次へ主な食品のGI値