高齢化社会を生きる女性のダイエットの目標象は、スーパーモデルに煽られるかのように『スレンダーボディ』に照準が定まっている。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.ダイエット産業の問題

2.スレンダーボディへのあこがれ
3.企業の論理 4.ダイエットサポートの難しさ
5.得意分野の偏り 6.リバウンド構造

危険なダイエット方法を斬る!


ダイエット産業の問題

スレンダーボディへのあこがれ

生活習慣病の最大のリスクとされる肥満。今、高齢化社会は、この肥満との戦いといわれている。そして、女性の美的感覚は、スーパーモデルに煽られるかのように『スレンダーボディ』に照準が定まっている。


高齢者が抱く『肥満と生活習慣病への恐怖』と女性が抱く『美的痩身思考』という2つの意識は、現代の国民全体の思考に大きく影響を与えていると私は思う。

というのも、1兆円を超えるといわれるダイエット産業は今後さらなる拡大が予想されている。健康と美容に対する人々の意識がそれだけ強化傾向にあるということだ。


しかし一方で、このような追い風を受けて急激な成長を遂げてきたダイエット産業は、様々な問題も抱えている。

では次のページから、主な2点をあげてみよう。

 
ページトップへ

マッキー

マッキーポイント!

●高齢化社会は肥満との戦い
●女性のあこがれはスーパーモデル
●ダイエット産業は1兆円産業

ページトップへ

前へダイエット産業の問題へ   次へ企業の論理へ