健康上の理由からダイエットする場合は、ダイエットを短期にする必要は無い。ある意味ダイエットが生命に関わる問題であり、長期でも意欲は継続し、ダイエットの成功率は高い。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.ダイエット期間の思いこみ

2.長期ダイエットは難しい
3.ダイエットの動機 4.短期ダイエットのすすめ
   

危険なダイエット方法を斬る!


ダイエット期間

ダイエットの動機

ダイエットの適正期間は、実施者によって変わる。ダイエット期間の設定要因として、ダイエット実施者のモチベーション(動機付け)が挙げられる。

ダイエットをする者は大きくわけて2つのタイプにわけられる。
『ダイエットを深刻に受止めている者』、
『それほどの深刻性をともなわない者』だ。

『ダイエットを深刻に受止めている者』、例えば重度肥満者やそれに伴う疾病を抱えている者を、重度動機者と仮に呼ぶとしよう。

そして『それほどの深刻性をともなわない者』、例えば軽度肥満者や普通体重であっても、プロポーショシ維持のためにダイエットを行なうような者を、軽度動機者とする。

重度動機者の特徴は男女関わらず高齢者が多く、医者から肥満に対して注意されているケースも多い。ダイエットへのモチベーションも高い。特にいつまでといった期限はなく、極端な言い方をすれば、痩せなくても健康であればよいという層である。

こういった場合は、ダイエットを短期にする必要は無い。ある意味ダイエットが生命に関わる問題であり、長期ダイエットであっても意欲は継続し、ダイエットの成功率は高い。

高齢者の気質的特徴である、コツコツ真面目という部分も、長期ダイエットの成功率を上げる要因といえる。

 

 

ページトップへ

マッキー

マッキーポイント!

●ダイエッターは、重度動機者と軽度動機者に分かれる。
●病気、重度肥満など、深刻な人には長期ダイエット。

ページトップへ



前へ長期ダイエットは難しい   次へ短期ダイエットのすすめ