甘いものや好物などの誘惑食品が家になければ、胃に空間ができることもない。食べたくても無ければしょうがない、このように物理的な矯正をかけよう。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.ダイエットをはじめるには?

2.甘いものは別腹?
3.ダイエット環境整備 4.ダイエットを習慣化する
   

正しいダイエット方法を伝授!


ダイエット環境

甘いものは別腹?

『甘いものは別腹』という言葉を耳にしたことがあると思う。なんとこれは医学的にも立証されている!『味覚特異性満腹』という現象だ。満腹時であっても好物を見せることで、胃の中に空間ができて、好物を取り込むスペースをつくりだしてしまうのである。

ダイエットをしていても身の回りにこういった食品があれば、誘惑はダイレクトに脳から胃袋を襲い、ダイエット失敗の要因になる。誘惑食品が家になければ、胃に空間ができることもない。食べたくても無ければしょうがない、このように物理的な矯正をかけることも重要なのである。

細かいことだが、マヨネーズも高カロリー調味料であり、自宅にはないに越したことはない。しかし好物で、どうしても使用したい場合は低カロリーのものに変えることだ。塩や油や調味料も、この機会に天然素材のものや無添加といった、身体にとって良いものへ変える事が望ましい。

なぜならば食事制限をすると身体が枯渇状態となり、通常よりも栄養の吸収率が高まる。ここで良い素材のものを摂取すると、健康な身体に体質改善されていくのである。逆に添加物や合成着色料などの摂取を増やせば、不健康な身体に傾いてしまうというわけだ。

マッキー 

 

ページトップへ

マッキー

マッキーポイント!

●別腹は存在する

●マヨネーズは高カロリー
ページトップへ



前へダイエットをはじめるには?   次へダイエット環境整備