実は食事制限で真っ先に減るのは筋肉。人間の体で最もエネルギーを使う組織は筋肉。省エネな体に変化するために、人体は体脂肪よりも優先して筋肉量を削っていくのだ。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.脂肪より先に落ちるのは筋肉

2.省エネな体?
3.リバウンドは元より悪化する 2.繰り返すリバウンド
5.ヨーヨー現象  

ダイエット後のリバウンドを斬る!


リバウンドをする理由

脂肪より先に落ちるのは筋肉

リバウンドをしてしまったとき、「元に戻っちゃった。でもまたやり直せばいいか」と思ってないか? それは大きな間違いなんだ。

食事制限をすれば体脂肪が落ちる、と短絡的に思っている人がいるが、ここにダイエットの危険性が存在する。食事制限をすれば確かに体脂肪も減少する。しかし、それ以上に筋肉が落ちてしまうのである。

人間の体にとって、食事制限をして摂取エネルギーが少なくなるということは、生命の危機に関わる一大事であり、脳は飢餓状態であると判断する。

人体はこの飢餓を凌ぐため、少ない摂取エネルギーでも適応しようと防衛機制が働き、低代謝な体質へと変化する。簡単にいえば、食べた量が少なくても生きていけるよう、『省エネな体』に変わってしまうということだ。

人間の体で最もエネルギーを使う組織は筋肉。省エネな体に変化するために、人体は体脂肪よりも優先して筋肉量を削っていく。食事制限が激しければ激しいほど、飢餓状態の度合いも高まり、筋肉の減少は顕著に現れるぞ。

では筋肉が減った結果どうなるか…?

マッキー 

 

ページトップへ

マッキー

マッキーポイント!
●食事制限をすると体重は落ちるが、その大半が筋肉である
●筋肉が落ちれば消費エネルギーが少なくなり太りやすい体質となる
●その結果、一度落ちた体重も再び元に戻ってしまう
●リバウンドの本質は、ダイエット前よりも体重が増えてしまうところにある

ページトップへ



前へダイエットって素晴らしい!   次へ省エネな体?