たんぱく質の合成に関与するビタミンCや亜鉛を摂取することで、健康な筋肉や肌の生成をサポートしよう。また筋肉に含まれる水分量は70%以上と多いので、充分な水分摂取を心がける。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.リバウンドの防止策

2.運動が必要
3.栄養面からのアプローチ  
   

ダイエット後のリバウンドを斬る!


リバウンド防止策

栄養面からのアプローチ

筋肉を維持しリバウンドしないためには、栄養面からのアプローチも必要である。食事制限中であっても、筋肉の材料となるたんぱく質を必要量摂取することが基本である。

そして、たんぱく質の合成に関与するビタミンCや亜鉛を摂取することで、健康な筋肉や肌の生成をサポートする。また筋肉に含まれる水分量は70%以上と多いので、充分な水分摂取も欠かす事ができない。

普通に生活を送っていても、20歳を過ぎると成長ホルモンの分泌が少なくなり、筋肉は減少する傾向にある。女性の場合は筋肉を活性化する男性ホルモンの分泌が少ないので、このような傾向は強い。

そういった状況で食事に制限がかかり、身体が飢餓状態になれば筋肉減少のスピードは加速する。『失敗は成功のもと』という格言があるが、これはダイエットには当てはまらない。

なぜならば食事制限の失敗はリバウンドを招き、太りやすい体質をつくって次のダイエットをより困難なものにしてしまうからである。食事制限を行う際は必ず筋力運動と栄養摂取を意識して、リバウンドやヨーヨー現象にはならないよう、くれぐれも注意しなくてはならない。

マッキー 

 

ページトップへ

マッキー

 マッキーポイント!

●たんぱく質を摂取する

●たんぱく質の合成にビタミンCと亜鉛

●運動と栄養でリバウンド阻止!

ページトップへ



前へ運動が必要   次へ年齢と肥満