筋肉を落として太りやすい体質になった場合、食事制限をやめて以前の食生活に戻したとしたら、エネルギーの消費量が減っている分、以前よりも体重は増えてしまう。これがリバウンドの悪循環だ。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.脂肪より先に落ちるのは筋肉

2.省エネな体?
3.リバウンドは元より悪化する 2.繰り返すリバウンド
5.ヨーヨー現象  

ダイエット後のリバウンドを斬る!


リバウンドをする理由

リバウンドは元より悪化した状態

『省エネな体』=『体脂肪がつきやすい』=『太りやすい体』と、しっかりと認識することが必要だ。リバウンドをしても、「再び一から始めればよい」と思っている者が多いが、これは大間違いである。

体重がもとに戻った場合、筋肉量も以前の量に、復活しているわけではない。筋肉は短期間に落ちても、短期間でつけることは極めて難しい。もし筋肉を短期間につけようと思ったら、相当ハードな筋力トレーニング栄養管理が必要となる。

運動を意識的に行なわずに、体重がもとに戻ったとしたら、増加した体重のほとんどが体脂肪と思って間違いない。つまり短絡的食事制限は、筋肉を削り、体脂肪をつけて、太りやすい体質をつくる結果となる。

筋肉を落として太りやすい体質になった場合、食事制限をやめて以前の食生活に戻したとしたら、エネルギーの消費量が減っている分、以前よりも体重は増えてしまう。一般に使用されているリバウンドという言葉であるが、厳密に言うとすれば、元の体重以上に増えてしまうのだから、超リバウンドというべきなのである!

マッキー 

 

ページトップへ

マッキー

 マッキーポイント!
●省エネな体=太りやすい体
●減った筋肉を取り戻すのは難しい
●戻った体重はほとんどが体脂肪
●リバウンドの怖さは、ダイエット前よりも体重が増えてしまうこと!

ページトップへ



前へ省エネな体?   次へ繰り返すリバウンド