イラスト付きでダイエット用語を解説する。インシュリンは膵臓のランゲルハンス島より分泌されるホルモンで、血糖値を下げる働きがある。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.インシュリン

2.基礎代謝
3.自律神経 4.脂肪細胞
5.セルライト 6.リパーゼ

ダイエットの用語集


インシュリンとは?

ダイエットに関わるホルモンの中で最も有名なものうちのひとつだ。

インシュリンは膵臓のランゲルハンス島より分泌されるホルモンで、血糖値を下げる働きがある。運動や活動をしていると血糖は下がり、食事を摂取すると上がる、血中のエネルギーである。

血糖値は食べる物により緩やかに上がったり、急激に上がったりする。血糖が急上昇すると、インシュリンは多量に分泌し、血糖を早く下げようとする。血液中にあったエネルギーはインシュリンの働きにより、肝臓や筋肉にグリコーゲンといった形で貯蔵することで、血糖を一定に保とうとするのである。

しかし、グリコーゲンとして蓄えられるエネルギー量には限界がある。蓄えきれなかったエネルギーは、内臓や皮下に体脂肪として貯蔵されることになる。このような働きがあるので、インシュリンは『太るホルモン』などと形容される。

グルカゴンというホルモンもある。
太るホルモンがインシュリンなら『痩せるホルモン』がグルカゴンである。このホルモンも膵臓から分泌されて、脂肪細胞内の脂肪を血中に放出させる働きがあり、放出された脂肪は身体全体の筋肉細胞により燃焼される。

グルカゴンは低血糖か低インシュリンのときにしか分泌されない。つまりは、なんといってもインシュリンの分泌が、ダイエットの鍵を握るのである。インシュリンに対するダイエット理論には大きく2つある。ひとつはインシュリンを緩やか上昇させる食品選んで摂取する『低インシュリンダイエット』である。もうひとつはインシュリン自体の分泌量を極力抑えるために、炭水化物摂取を大幅にカットしてしまう『炭水化物抜きダイエット』である。


 

ページトップへ

マッキー

マッキーポイント!

●インシュリンをコントロールする事がダイエットには大事

●肝臓や筋肉に貯えきれないエネルギーを脂肪に変えるホルモン

ページトップへ

前へ体脂肪対策   次へ基礎代謝