イラスト付きでダイエット用語を楽しく解説。人間の脂肪細胞に白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2つがある。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.インシュリン

2.基礎代謝
3.自律神経 4.脂肪細胞
5.セルライト 6.リパーゼ

ダイエットの用語集


脂肪細胞とは?


脂肪に関係ある細胞は、大きく二つに分かれるぞ。

白色脂肪細胞
人間の脂肪細胞は大きく白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2つに分類できる。人体には約60兆の細胞があり、そのうちの300億が、俗に脂肪細胞と呼ばれている白色脂肪細胞である。白色脂肪細胞は細胞内に脂肪を溜め込み大きくなったり、分裂して数を増やしたりして人を肥満へ導く。
 
 基本的に白色脂肪細胞は全身に分布している。
 女性の場合は男性と違い出産に必要な子宮を保護するためにも、腰や太ももなどの下腹部の皮下に脂肪が蓄積されやすくなる。皮下脂肪量が過剰になった肥満を『皮下脂肪型肥満』といい、形状が下半身太りになる傾向があるので、一般的に『洋ナシ型肥満』と呼ばれている。皮下脂肪の過剰蓄積は、老化現状のひとつともいわれる、セルライトの生成促進にも繋がる。

一方男性の場合は、大きな骨格の内部に脂肪が蓄えられるスペースがあるので、内臓に脂肪が蓄える傾向にある。内臓脂肪が過剰蓄積した肥満を『内臓脂肪型肥満』とよび、形状として腹部が大きく膨らむ傾向があるので、一般的には『リンゴ型肥満』と呼ばれる。内臓脂肪型肥満は糖代謝異常や脂質代謝異常を起こしやすく、生活習慣病の発生を注意しなくてはいけない。

褐色脂肪細胞
白色脂肪細胞とはその働きが大きく異なる。細胞内の脂肪をエネルギー変換する細胞で、この細胞の量が多ければ多いほど、体脂肪は消費される。つまり体脂肪量を減少してくれる、ダイエットにとって有効な脂肪組織なのである。しかしこの細胞は、年齢を重ねるにつれ減少すると言われている。

褐色脂肪細胞は気温が下がると、体脂肪をエネルギーにして体温を上げる。常に温かいところにいると、体脂肪をエネルギー化し体温を上げる必要がないので、褐色脂肪細胞の量が多くあっても体脂肪は減少しない。幼児期に冬でも薄着で過ごし、室温が低い環境で育った者は、体温を上昇させるために褐色脂肪細胞が活性しやすい体質(脂肪消費型)になる。逆に厚着で過ごしていたり、室温など常に快適環境で育ったりした子供は、褐色脂肪細胞の活性度が低い体質(脂肪蓄積型)となる。


 

 

ページトップへ

マッキー

マッキーポイント

●白色脂肪細胞は肥満細胞。

●褐色白色細胞は脂肪をエネルギーに変えてくれる

ページトップへ

前へ自律神経   次へセルライト