イラスト付きでダイエット用語を楽しく解説。セルライトとは、女性の太腿や二の腕の脂肪細胞に現れやすく、肌の表面を見るとミカンの皮のようなデコボコのこと。

危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る! 危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
トップページへ
 
危険なダイエット方法を斬る!
巷にあふれている危険なダイエット
ダイエット産業の問題
炭水化物ダイエット
低インシュリンダイエット
ダイエット期間
   
正しいダイエット方法を伝授
正しいダイエット方法を伝授
ダイエット環境
短期ダイエット
   
ダイエット後のリバウンドを斬る
なぜ、リバウンドをする?
リバウンドをする理由
リバウンド防止策
年齢と肥満
   
ダイエットの用語集
ダイエットの正しい用語集
ダイエット用語集
   
マッキーとは?
マッキー山本プロフィール紹介
痩身専門家マッキー山本
 

 

   
  サイトマップ
  製作者
  リンク

ゆるりダイエット生活、70の習慣。 『ゆるりダイエット生活、70の習慣。』
簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆


1.インシュリン

2.基礎代謝
3.自律神経 4.脂肪細胞
5.セルライト 6.リパーゼ

ダイエットの用語集


セルライトとは?

セルライトとは、女性の肌の表面に現れるデコボコのことだ。

フランス語で細胞を表すCellule(セリル)に「鉱物」を表す接尾語iteがついたもので、1970年代の初めに作られた造語といわれている。

女性の太腿や二の腕の脂肪細胞に現れやすく、肌の表面を見るとミカンの皮のようなデコボコがセルライトだ。この外見から『オレンジピール(オレンジの皮のような)スキン』と呼ばれている。

一般にはセルライト生成の原因は、運動不足、生活食習慣の乱れ、ホルモンバランスが崩れ、自律神経の機能低下、冷え症、リンパ液や血液の流れの悪化など、様々な要因が複合していると考えられている。このような状態が続くと、新陳代謝の悪化による老廃物が体内にたまりはじめ、皮下組織でリンパ血行不良による浮腫みが発生する。

このリンパ血行不良により、普通の状態であれば血管付近にあるはずの脂肪細胞が遊離してしまう。遊離した脂肪細胞は、血液中の老廃物を付着させながら代謝の乱れを起こし、周囲の正常な脂肪細胞まで巻き込んで、2〜3倍の大きさに肥大化していく。このような肥大化した脂肪細胞同士が付着して、さらに大きな塊となったものがセルライトだ。

こうして肥大化した脂肪細胞によって、ただでさえリンパ血行不良状態のリンパ管や血管がさらに圧迫され、その障害がますます深刻になる。当然、脂肪細胞の遊離に拍車がかかりセルライトはどんどん増え、セルライト増加スパイラルともいうべき悪循環に陥る。また、脂肪細胞の周りにあるコラーゲンの代謝も衰えるので、コラーゲン自体が固く変質し、脂肪細胞をくるんでより頑固なセルライトになってしまう。

セルライト対策の第一は予防であり、まずは生成させないことが肝心だ。セルライト予防は、『浮腫み』や『冷え症』をおこさないこと。
生成されてしまったセルライトを除去するには、今のところサプリメントとトリートメント(マッサージ)の併用が、効果があるとされる。サプリメントはメリロート、フーカス、明日葉、スピルリナなどを含むものが、セルライト対策にはよいといわれている。トリートメントはセルライト部分に直接おこなうリンパドレナージュや、足裏刺激もリンパ血行をよくするので有効だ。とにかく血液とリンパの流れをよくするあらゆることが対策となる。忘れてはならないのが、セルライトのもととなるは脂肪組織なので、運動、栄養、生活という体脂肪燃焼の対策は基本である。

 

ページトップへ

マッキー

マッキーポイント

●インシュリンをコントロールする事がダイエットには大事

●肝臓や筋肉に貯えきれないエネルギーを脂肪に変えるホルモン

ページトップへ

前へ脂肪細胞   次へリパーゼ